RyuMiku世界一周ハネムーン★

美容師やってた2人が大阪で出会い、結婚し、夢だった世界一周を実現させちゃいました。。 ゆっくりゆったり回っていこう !!!人生は一回だ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ブラジル
CATEGORY ≫ ブラジル
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

リオ 最高

リオデジャネイロの恐怖

ブラジルは超治安が悪いと評判の国

中でもリオ&サンパウロには悪いやつがわんさかいると聞いていたので

オーロ・プレッドからリオに午前6時に着く予定でバスに乗り込んだ

はずが

運転手の小粋なテクニックにより着いたのは朝の4時(@-@;)

まだまだ真っ暗で雰囲気もかなりデンジャーなニオイが・・・

どや顔の運転手にお礼を言って、最後まで寝ぼけていたアメリカ人のジャックと共にタクシーをシェア
P1318725.jpg

偶然にも同じホテルに向かう予定だったので3人で

「信号待ちで止まったらタクシーも襲われるんだぜ!怖いぜ!」

なんて縁起でもない話をしながら宿に向かって行った

5時には目的地『ハッピーリオ』って看板もないバックパッカー宿についたんだけど、朝早くすぎて この日の宿泊費の半分を支払うはめに・・・><
P1318727.jpg

でも、この宿

物価の高いリオにしては安価でサービスも良いしアットホームで気に入ってました

僕らが滞在したのはコパカバーナといってビーチがすごく近い場所

昼まで爆睡してさっそく海へGO!!!!

外は30度越えでめっちゃくちゃ暑い
P1318733.jpg

でも海は何回行っても気持ちいい!!

ってか、こっちの人のセクシーな水着に目を奪われます
P1318736.jpg

T T T バック ☆
P2018767.jpg

さすが情熱のカーニバル大国

未来さんはここでボビーナをつけてもらって上機嫌
P2018753.jpg

P2018756.jpg

どんどんギャルっぽくなっていく・・・

ブラジルのピンガを使ったお酒『カイピリーニャ』なんてお洒落なものを飲みながら1日まったりとしました
P2018790.jpg
P2018801.jpg

次の日は、あの有名な

『コルコバードの丘』へ

山の上にあるので 近くまではバスで行き、専用のトロッコで山頂まで登ります

んで更に階段を上ると

やっっばい!!!予想以上の大きさに思わず声が出た!!

遠くで見るよりも真下から見上げると迫力があるんです

こんな山の上にこんなでっかいキリストが

町を守ってくれてるんですね!!

僕らも悪い奴らに絡まれないように守ってくださいね☆

なんて言いながら丘を後にしました

(写真なくした。。。何でもなくしてしまう。。。)


帰りのバスに乗っていたらまた事件が

宿のセーフティボックスの鍵を紛失!!

中には大切なものが全部入っているのに

宿内で落としていたら、誰かに開けられる可能性もある!

急いで帰って確かめると


なんと


あった。。


こんな調子でいつも何か物をなくす2人

気をつけよう

でも、リオはすんごく暑くて人もいい人ばかり

2日しかいなかったけど満足できましたとさ

でも、いきなり洪水のように大雨が降るので要注意!!

この少年見たいにめっちゃすごいです
P2018817.jpg
スポンサーサイト

オーロプレッドでわっほい!!

次の日は朝からジョースがリオデジャネイロの宿を探してくれたり

リオからサンパウロまでの航空券をとってくれたり

本当に親切にしてもらった

そして今日は日曜日で夫妻も仕事が休みやから

オーロ・プレッドというここから1時間の鉱山の町に連れて行ってもらった
P1318575.jpg

来てみると町がめちゃかわいい!
P1318567.jpg

教会が本当に多くて しかも歴史の深いものばかり
P1318585.jpg

この土地はポルトガル形式の建物がとても多い

鉱山の町だけあって、原石がたくさん売っている
P1318560.jpg

しかも、日本で買うより安い。。気がする。。

この人は日本語もスパニッシュもポルトギースも英語もしゃべれるそうです
P1318592.jpg

市場も見てみると、ある事を思い出した
P1318591.jpg

中学校くらいの時に

美術ではんこ作ったの覚えてませんか?

彫刻刀で石を削っていくやつ☆

あれの元の石で、みんな工芸品を作っていたのです
P1318598.jpg

こんなとこで繋がるなんて☆

そしてご飯はブラジルのごはん
P1318601.jpg

名前忘れたけどこの地方の伝統料理

みんなでシェアしておいしかった☆

トウモロコシの粉がブラジル付近では頻繁に使われるらしい

ん。。これはぱさぱさもそもそする感じ。。

ご飯は

『この町ではフードもドリンクもフリーなんだよ!すごい町だ』

なんて言いながらジョースが全ておごってくれた

言い方がにくい!!
P1318606_20110306192112.jpg

そして、夜は夫妻は帰路へ 私たちはここから夜行バスでリオデジャネイロへ

とうとうお別れの時

ハグして、再会を誓う

実は私たち。。。泣きそうでした++;

クロアチアであっただけの若造にこんなによくしてくれ

優しい笑顔で迎えてくれて本当に幸せな時間でした
P1318634_20110306190746.jpg

会いにきてよかった!絶対また会おう!!ありがとう。。
P1318635.jpg


2人が帰って、少しさみしくなったけど、町を散策
P1318640.jpg

するとどこからか祭りのような太鼓の音が聞こえてくる

音につられ30分ほど行ってみると

ミニカーニバルが開催されてた!!
P1318698.jpg

50人ほどの人が太鼓をたたき

3mはあるやろってくらいの巨人たちが町を練り歩く
P1318720.jpg
P1318681.jpg

祭り好きの2人はちゃっかり後を追い

気づけば元の広場に帰ってきてました

さすがカーニバルの町!リズム感が良い!最高!
P1318703_20110306192510.jpg


そのとき横にいたブラジル人と話をしてたら

車で駅まで乗せてってやる!と言い出した

ええってええって^^

って何度言ってもどうしても乗せてってくれる模様

少し不安を感じながらも乗り込む

小さな軽に大の大人が5人!

どきどきしてたけど、運転は超まじめ

無事駅まで送り届けてくれた
P1318723_20110306192403.jpg

疑ってごめんなさい!!

そして10時の快適バスに乗り

カーニバルで有名なあのリオへ

たのしみだ!!

クロアチアからの再会 in ベロオリゾンチ

さあ!いざベロオリゾンチへ!!
P1298391.jpg

とはりきったのはいいが、実は夫妻に先日送ったメールの返事がない。。

前に「空港まで迎えに行くよ!」とは言ってくれてたものの...

と不安になりながら飛行機を降り

荷物を受け取り出口へ

ドキドキ ドキドキ

すると。。

いました!!2人が笑顔でお出迎え!
P1298402.jpg

この時の嬉しさったらなかったなー☆

そう、2人は9月にクロアチアで一緒だったジョースとクラウディア

久々の再会をハグで♪

「疲れただろう、でも疲れなんて関係ないさ!!日本に帰ってからゆっくり寝たらいいさ 笑」

荷物は後ろに乗せたまま、さっそく町を案内してくれた☆

始めに連れて行ってくれたのは

珍しい形の教会
P1298409.jpg

写真はだめだったけど、中は大聖堂のようにきらびやかなわけではなく

陶器の壁絵がたくさんで、静かですごくきれいだった

次はお腹が減っただろ!!といって連れてきてくれたのが

市場!
P1308426.jpg

さすが旅が好きな人は、旅人が喜ぶ場所を知っている☆

迷うくらいに広い市場は何でもそろう何でも市☆

これはタバコの切り売り☆珍しいね
P1308414.jpg

フルーツはもちろん、肉もあれば、鍋だって服だって売ってる

たくさん味見をさせてくれお腹いっぱいで苦しくなるくらい。。

一通りまわった後はビアータイム
P1308437.jpg

立ち飲みでレバーの炒め物を爪楊枝でつつきながら乾杯☆
P1308441.jpg

最高♪

そして眺めのいい山の上でトウモロコシのアイスを食べた
P1308452.jpg

これがまたおいしい><

そして、とうとう2人の家へ

町からは30分ほど離れた閑静な住宅街

素敵な家ばかりが立ち並ぶ

『着いたよ!!』

見上げれば、なんかテレビで見た事あるような

真っ白なデザイナーズハウス
P1308472.jpg
P1308468.jpg
P1308466.jpg

。。。いいんですか。。。笑

そしてフルーツジュースを作って飲ませてくれ

『プール行くか!!』

と、4人水着に着替え歩いて行く

するとここがだいぶ山の上にあることに気づかされました

すごい景色!!
P1308485.jpg

2人は歩く時はいつも手をつなぎ本当に仲良し☆

プールに入り
P1308506.jpg

スチームサウナにも入り

大満足して帰路へ
P1308508.jpg

夫妻で手際良く晩ご飯の準備を始めてくれたので
P1308540.jpg

私たちは洗濯をさせてもらった

が!家の洗濯機の使い方を夫妻は知らなかったのです

なんで?!と聞くと

いつもお手伝いさんがやるからね

というお言葉

なる 納得ですわ

今日の晩ご飯

ビックステーキ!!

まずサラダを食べ

ライスとステーキ(食べかけですんません)
P1308543_20110306142019.jpg

おいしすぎて2人とも二枚づつ食べちゃった

もう満腹。。

食後は旅の写真を見せたり

クラウディアの

『日本には女の人の体に刺身を乗せて食べる習慣があるんでしょ?』

というおもしろ発言で

盛り上がり気づけば夜が更けていました

やっぱり、日本の文化は海外には間違った形で伝わっているみたいです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。