RyuMiku世界一周ハネムーン★

美容師やってた2人が大阪で出会い、結婚し、夢だった世界一周を実現させちゃいました。。 ゆっくりゆったり回っていこう !!!人生は一回だ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP ≫ CATEGORY ≫ アルゼンチン
CATEGORY ≫ アルゼンチン
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

イグアスの滝っっっっス

というわけで、朝は8時に起きてそのままの寝ぼけ顔で

ローラの家の目の前のブラジル領事館へ行き、書類を提出
P1267827.jpg

パパパッッと申請用紙を書いて

『じゃっ明日12時にはできてるから^^』

こんなにすんなり取れるなんて。

場所によってこんなに対応も違えば書類も違う

ここは、申請用紙とパスポートだけで取れる!!

断然お勧めはプエルトイグアスだーー!!
P1267825.jpg

2日間はアルゼンチンから出国もできないし

イグアスの滝へ今日行ってしまおう!と昼頃バス停からでるイグアス行きのバスに乗り込んだ
P1277838.jpg

しかしここは暑い!!

冷房なんて効かないので窓は基本全開

ヒッピーたちが乗り込みギターを弾き唄が始まる

こういう人たちは、どこにいても生活して行けそうだねー

イグアス入り口付近にて、楽しみにしていたボートツアーを申し込み、おすすめコースを行くことに
P1277849.jpg

まず、電車!

ゴトゴト木々の間をぬって行く☆これがまた気持ちいんだなー
P1277874.jpg
P1277870.jpg

そしてひたすら森の中や川の上に作られた通路を歩く

すると聞こえてくる轟音
P1277884.jpg

始めの見所は、『悪魔の喉笛』

確かにものすごい轟音が響き渡る
P1277910.jpg

と同時にすごい水しぶき!!

ナイアガラの滝では水しぶきを浴びて髪がぱりぱりに凍った。。

ここは暑い分濡れる方が最高に気持ちいい

セクシーなねーちゃん♡
P1277890.jpg

時間もそんなになかったからボートツアーの方へ向かう

すると反対側からどこかで見たことのある2人が。。。

なんとヨルダンの宿で出会って髪の毛を切ったカップルだった!!
P1277886.jpg

すごい偶然!!

うれしくって、夜ご飯の約束をしちゃいました

しかし、この国立公園はめちゃめちゃに広い!!!!

中には子ワニのような大トカゲ(早くて写真には。。)

ハナグマがたくさんいる

P1278136.jpg

この動物たちは人間を全く怖がらないし、むしろ近づいてくる

生態系を守るため餌をあげてはいけないのに みんなパンをあげたりしてる

いかんなー!

と思いながら写真を撮ろうとしゃがみ込んだ瞬間!!

バリッ!!

私が持ってたポテトチップスの袋に両手で飛びついてきて

袋を破られ、中身が全てハナグマたちの口へ。。。
P1277972.jpg
スタッフにも、あげたらだめだよ!!と怒られ。。。

へこむ未来氏

なのでみなさんハナグマを見つけたら、食べ物は鞄にしまいましょう。。

そんなこんなで迷いながらもボート乗り場へ到着

結構並んでるー

でも一隻に3、40人くらいは乗れるので余裕

ぬれないように防水鞄を配ってくれてた

救命胴衣を身につけ、いざ出発!!
P1278049.jpg

あーーー防水カメラがあればーーーー!!

という光景でした

船ごと滝に近づきしぶきを浴びるのです

というかむしろ突っ込んでると言った方が正しいかも

20分くらいのボートツアー

最高に気持ちいい!!滝の下までいけるのも珍しいし、何よりすごい迫力!!

帰ってきた2人の姿
P1278072.jpg

びっしょびしょ☆(写真ではそない変わらなかった・・・)

着衣水泳の後みたい

もちろん靴の中までぐっしょぐしょ☆

ここに来る時は、必ず水着着用です!!そして荷物は防水鞄で、コンパクトに☆

いやー気持ちよかったけど、暑さのため一瞬で乾き、暑くなる

もう一回。。。と思いながら

別の滝のしぶきを思う存分浴びて帰ったのでした
P1278084.jpg

そして夜

待ち合わせの8時になっても彼らがこなかった

まあ気にする事無く待っていると

向こうから走ってくる2人の姿

そして第一声

『ぼくのかばん全部ぱくられたんですよ!!』

『。。。。えっ!!??』

なんとイグアスに行ってる間に

宿のロッカーに鍵をかけて入れてたはずの大事なもの全てがなかったらしい

パソコン カメラ パスポート メモリースティック。。etc

その宿は他の日本人もよく泊まったりしているらしく

そんなことは起きたことがない場所

なので宿の人は一生懸命探してくれたり、警察に一緒に行ってくれたり

すごく親切にしてくれたみたい

だけど、

この事件で ここが南米だったということを

ぞっと思い出させてくれました

そんな事件が起きながらも晩ご飯の約束を守ってきてくれた2人に

困った時はお互い様だ!!と(言いながら一緒に作ったけど笑)

日本の味、肉じゃが風なものと、うどんパスタみたいなのと
P1278168.jpg

ビールとワインで激励会!!
P1278165.jpg


ローラの息子が龍兵さんの買ってきたワインをコップいっぱいに注いでくれて

『このワインおいしいんだぜ!嫁が買ってきてくれたんだ』とすすめてくれたけど

龍『それ俺のやで!!笑』

というプチハプニングもありつつ☆

肉じゃがが日本の味だ!というと

ローラや息子たちが味見をしにきて

日本の味に興味津々

『ムイブエーノ☆(とてもおいしいよー)』

を連発してくれ嬉しかった☆

ローラの孫たちとも遊び

気づけば早1時

楽しかった2人ともお別れ

お互いに楽しい旅に!そして色々気をつけよう!!
P1278092_20110304170026.jpg

スポンサーサイト

サルタの

サルタの街

9時に起床した寝不足の2人
P1237575.jpg

朝一から航空チケットの変更でJALに電話したのだが

日曜日はお休み・・・

忘れてた

しょうがなく、チェックアウトをしてバス停にパラグアイ行きのチケットを買いに行った

バス停で購入したのは クロリンダ という

アルゼンチンとパラグアイの国境までのチケット

昨日やっとのことでアルゼンチンに入国できたが

予想以上に時間がかかったため、サルタには24時間ほどしかいれなくなってしまった

4時に出発なので時間は少しある

よし、街へ出よう!!

アルマス広場へ行ってみたんだけど

街がすごくきれい☆公園が爽やか~♪
P1237582.jpg

教会もすごくお洒落かわいいデザインで、朝からミサが行われている
P1237593_20110227152305.jpg
P1237589_20110227152303.jpg

ボリビアから入国した2人には街のギャップがすごくてびっくり☆


そして、サルタ現代美術館へ
P1247600.jpg

ここには3体のミイラがあるのだが

3体とも推定年齢7~12歳ぐらいの子供

大昔、インカ文明が栄えていた頃

人柱というものが存在した

村に雨が降らない、疫病が流行ってしまった等

不幸が起こると 村人たちは生け贄を差し出し、神様に祈り続けてきたのだという

その犠牲になった生け贄のうちの3体がサルタにある山の頂上から発見され、ここに保存されている。

写真は撮れないんだけど、発見された3体はかなり保存状態がよく、衣類もそのままで 表情まではっきりと分かる

幼くして生け贄になった子供たちの姿はどこか切なく、悲しく感じてしまった



その後はブラブラと街を徘徊してみた
P1247609.jpg

そして、食堂でサルタビール飲みながらポジョ(若鶏)とバカ(子牛)のカルネみたいなんをいただいて
P1247635.jpg
P1247638.jpg

また町中をフラフラ

アルゼンチンといえば牛肉が安く、しかもおいしいとのことなのでまた近くの大衆食堂にふらっと入り本日2度目の昼食(牛のニオイについついつられてしまった)
P1247647.jpg

すると

これが一人前!!?
P1247651.jpg

500円ぐらいで驚きのボリューム

さすがにギブアップ寸前でした

しばらく牛は見れないな・・・


そんなこんなで結局すぐにタイムアウト
P1247656.jpg

あっという間のアルゼンチンを後にして、次なる街

パラグアイの首都、アスンシオンを目指しました
P1247667.jpg
P1247687.jpg

怒濤の移動に宿無し2人。。

ここから、アルゼンチンのどこに行くか!?
と3人で話した結果
というか話す間もなく時差で1時間縮まったバスが10分後には出発しちゃう!

大急ぎで行き先を決め、私たちはサルタという街へ行く

葉子さんはブエノスアイレスへの便があったらしくそっちに向かう決意を

またどこかで!さよなら!!

P1237558.jpg


いきなりの別れ

旅は本当に出会いと別れの連続やなー

しかしこのバス。。。

カマシートと言ってたのに、普通の乗り合いのバス。。
しかも席が足りていない

しかもしかも途中から降ってきた雨にたえきれず、車内の至る所から雨漏り 笑

P1237561.jpg

しかーーーーもダイレクトと言ってたのに

各駅停車の鈍行バス

くそー!騙された!!

やっと着いたフフイでも乗り換えで2時間待ち 

しょうがないな

でもフフイの空気がタイに似てて少し懐かしくなった2人

そこでまたしてもアクシデント!!

龍兵さん、人生で初めての(未来さんからしたら初めてなのがすごいと思うが。。)

財布を落としてしまった様子!!

幸い 少量の現金のみだったけど、彼はへこんでいました。。

バスの出発は夜11時45分、サルタ到着は深夜1時

予定外や!!

バスを降りるとこんな時間でも宿の客引きのおじさまが立っていた

いろんな宿を見せてくれ、値段、wifi、朝ご飯色々聞いて

安かった所に連れて行ってもらう

が!wifiある言うてたのについてない

唯一あるパソコンも壊れてる

こいつ嘘つきやなーゆーて怒ったら

宿の奴が悪い!みたいな言い方をする

次の宿へ案内されるが、フル

そう、今日は週末土曜日だった!!

もうその客引きは置いてタクシーで宿探し

安宿がどこにあるのかもわからないし初めてのアルゼンチン

片っ端から、バックパッカーホステルをあたる

でも全てフルで、ここへ行ってみろ ここは空いてるかも

と住所を聞き、その後6件は回るもフル

もういいやー疲れた2人は

バス停で寝ようとバス停に戻る途中

スティーブンセガール似のタクシーの運ちゃんが一個最後に聞いてみろ

P1237565.jpg

と寄ってくれたホステル

P1237575_20110227152304.jpg

空いてました!!少し高いけど清潔なホステル

探し求めて2時間

時間はもう真夜中の3時半。。タクシー代はかかったけど(1800円も!)

宿の人が優しくてこんな時間なのに

「夜中まで大変だったな、疲れたやろ」

P1237572_20110227152305.jpg


2人にカフェラテをいれてくれ、お菓子まで出してくれた

移動乗り継ぎで昼晩と食べてなかったから最高にありがたかった。。

心までほっこりした2人に更に幸運が

期待はしていなかったwifiもついてて、朝ご飯までついている☆ラッキー

フライト変えるのに日本時間でスカイプで電話をしたかったのです

電話を待ったりなんやしてたら、もう朝6時

早朝からTVでスペイン語吹き替えの

『ドラえもん』

起床は9時!

でも最高によく寝れた気がしました

泊めてくれてありがとう^^*
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。