RyuMiku世界一周ハネムーン★

美容師やってた2人が大阪で出会い、結婚し、夢だった世界一周を実現させちゃいました。。 ゆっくりゆったり回っていこう !!!人生は一回だ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ペルー
CATEGORY ≫ ペルー
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

チチカカ湖ツアー


P1155915_20110214130232.jpg

宿のツアー担当みたいなナンシーに案内されタクシーで船乗り場へ

私たちのツアーは一泊二日ウロス島 アマンタニ島 タキーレ島を回る船旅

まずは、プーノから30分ほどのウロス島へ

テレビでしか見たことの無い トトラと呼ばれる草でできた島

P1155925_20110214130230.jpg
P1155932.jpg


草を何層にも重ね、腐ったらまた新しいのを積み重ねていく

P1155936.jpg

家もトトラだし全てがトトラ そしてみんなのおやつにも★

表面の川をはいでいたどりのようにして
食べてみると、味はあんまりなくて、歯ごたえは意外にもしゃきしゃきしてなくてしゃくしゃくしゃくしゃくという感じ

P1155929_20110214130227.jpg

ものすごくみずみずしい きらいじゃなかった◎味の無いネギやな

でもお腹が痛かったんだヨ

そしてトトラでできた船に(やっぱりオプションだった)乗り込み

P1165993.jpg

向かい側にあるトトラの島へ

簡単そうにこいでいるが、試してみるとなかなかの力仕事。やったらしい

P1165975.jpg


ここにはなんとトトラでできた郵便局もある

P1165986.jpg

いろいろゆっくり見たかったけど

お腹が痛かったんだヨ

ここに不釣り合いだけどエコなソーラーパネル(7万円ぐらいらしい)を設置したのは

なんと全てフジモリ大統領  やるじゃーーーん!!

でもおみやげ屋ばかりです

観光客の為にここに住んでいるような人もいるとのこと

複雑//

そこから船に乗り込み3時間

お腹いたい未来さんは3時間爆睡こいてました

着いた所はアマンタニ島

今日のネグラです
P1166022.jpg


ツアー客総勢25人はいたかな?

2、3人に別れホームステイ

私たちはグロリアの家に

小さいけど十分なかわいいお家

P1166032.jpg


ランチもディナーも出してくれる

素朴だけど満足できる量と味

山を登りみんなで夕焼けを見る

P1166073.jpg
P1166078.jpg


今日もよく歩いたなー
P1166100.jpg

楽しい夜はここから始まった

夜は皆で集まり、民族衣装を身にまとい
P1166140.jpg
P1166120.jpg


クラブ?!へ

もちろん音楽はこの島のアンデスMUSIC

みんなも知ってる曲「アンデスの春」「コンドルは飛んでいく」なんてメジャーな曲もかかったりして

村の人と手をつなぎみんなではしゃぐ

この衣装女の子のは、少しに本の浴衣に似ていて 帯みたいなものを巻く

なかなかできない体験にテンションあがったなー♪
この子がベストドレッサーショーです!かわいすぎ><

P1166132.jpg

次の日、お世話になったグロリアにパンやフルーツなどをプレゼント

ロスウロス、アマンタニ、タキーレ島は、観光の収入がほとんどなのだがあまり稼ぎがよくないらしく

そんな人た
ちの為に食べ物などを持っていくのがツアーの掟になっている

無言で求めてくる島の人の姿に少し複雑な気分になった

写真を撮らせてもらう代わりにお金を求めてくる島の人もいる

彼らの生活を変えてしまっているツアー観光客

島の人たちよりも自分達に責任すら感じる


気分を変えて、この日はタキーレ島に行き、ぐるっと島を一周

P1176175.jpg
P1176184.jpg
P1176190.jpg

これ絶対買う!!と心に決めたお茶を飲むもの ほろ苦くておいしいんだな

P1176199.jpg


きれいな景色を見ながら ただ、ひたすらに歩いた

ここではブレスレットなどたくさん売ってたけどフルーツと交換ができました

そしてまた3時間かけてプーノの街に帰った。。

んで、ブラブラ街を歩いていたら

ラパスに旅立っているはずのチャリダー『けんさん』にまた遭遇☆

けんさんjpg


また一緒に飯食ったんやけど

P1176257.jpg


ちょうどこの日、マチュピチュで撮影された僕たちのインタビューがTVで放送される日

TVある食堂でひたすら待っていたのだが、この日は何にも放送されず

P1176259.jpg


どうやら日にちを間違えていたみたい・・・

待ちぼうけでした


後で放送を見た人に感想を聞いたら

インタビューは全部カットされていたらしい。。。笑

一応出演していたらしいのだが、1秒ぐらい!?だったそうです

                             チャンチャン
スポンサーサイト

プーのでの再会

楽しかったクスコに後ろ髪をひかれながら

バスで約6時間 プーノにやってきました
P1145832.jpg
景色が最高に雄大ですばらしかった
P1155847.jpg


汽船の航行する湖では世界で一番高い所にあるチチカカ湖

なんと標高3855mにあるみたい

富士山より高い所に船が浮いてるってどゆことやねん!!やねん..やねん。。




もしかして...空島?

。。。



。。ここでは、クスコの宿で一緒だった、一人旅ゆかりさんと一緒に

チチカカ湖ツアーに参加することに

到着したその日、プラプラ街を歩いていると
P1155859.jpg
P1155865.jpg



遠くからなんか見たことのある人が。。。
P1155854.jpg



なんと先日紹介したクスコで出会ったチャリダーけんさん!!

三日四日前にクスコを出たらしく

プーノでまたチャリンコ姿を見つけてしまった

けんさんのチャリ旅2年半、死が頭をよぎるほどの危ない現場に遭遇してきたり

キャンプしながら何度も熊に遭遇してきたという彼を見てると

それはもう勇気がわいてきます 笑

みんなで晩ご飯に中華を食べに行き
P1155904.jpg



怪しいホットドリンクを飲み
P1155909_20110214130237.jpg
P1155911_20110214130235.jpg



運命の再会に乾杯しました

その日はゆっくり眠れ。。。るはずでした

が!!!

私たちみんなが泊まったホテル

朝5時くらいかな

陶酔しきった男の歌声が、それはもう大声で、時には裏声を使い

日が昇るまで廊下で響き渡るという

早朝1人のど自慢大会が開催されました


眠れなくていらいらするどころか

もうここまで行くと、にやにや笑けてきた二人なのでした

笑いをありがとう!!


やっぱり

『出る杭は打たれるけど

出過ぎた杭は打たれない』のです!笑

P1155875.jpg




名言だなこれは。

次はチチカカ湖ツアーに参加しますよー

さてどんな旅になることか。。。


ちなみに今はオーストラリアはゴールドコーストにいます!

とうとう旅も残り1ヶ月をきりました!

ブログのアップとともに、今後も楽しく健全で心豊かな幸せな旅をしますよー!!













クスコで美容室乗っ取っちゃいました★

今日はクスコ最後の日

バロイス君とロナルドくんが最後にもう一度案内をさせてほしいと言ってくれ
町中を回る
P1145709.jpg

先日二人が案内してくれオーダーしておいた靴★
P1145747.jpg
P1145745.jpg

こいつがまたすっごくかわいい☆

ブーツの形、貼る生地、色を選び、足形を取って2日待つだけ

荷物は重たくなるが、それ以上に大いに価値がある♪

しかも、オーダーメイドで、2000円くらい
P1145748.jpg



安過ぎる。。。。。。。


続いてインカの勉強

近くにある『太陽の神殿』に
P1145739.jpg
P1145732.jpg

ここにもインカ文明のあった跡がたくさん
こんなに小さな石組みにも隙間がない
P1145723.jpg

この石重い!!と思いきや、、
P1145727.jpg

これ!!隕石やって★
これで固いインカの石をけづっていたらしい



バロイス君の説明のおかげで少し勉強になりました
P1145719.jpg



ソシーテ

この日、最後の訪問場所は

ペルーの美容室

ショッピングセンターらしき一角にたくさん美容室が集まっていて
P1145761.jpg



そこのあるヘアサロンに案内されました

僕たちが美容師であることを知ると

「私の髪を切ってくれない??」

おいおい、仕事中やろ!?

でも すごく嬉しい言葉

よし!!まかせとけー!!

未来さんはスタッフの髪をカット★
P1145767.jpg

P1145779.jpg


龍兵君はお客様のカラーを塗布☆
P1145775.jpg

カットの技法が全く違う(持ち方から)らしく

他のサロンの人や外からあつい視線を受けながら、まるで講習会をしている気分でした

久々にサロンでの仕事を満喫^^

やっぱり、美容師って楽しいね

お礼に未来さんはジェルネイルをしてもらって上機嫌
P1145781.jpg
P1145786.jpg



ルンルンで宿に帰りました

宿に帰ってもルームメイト2人の髪をカット
P1145791.jpg
P1145799.jpg

いやー、クスコ最後にふさわしい最後

楽しかったー

ありがとう八幡さん!(オーナー)
P1145806.jpg

マチュピチュ2

マチュピチュ2(ちょっと長いですよ)

マチュピチュに行く人には目的が2つあります

1つはもちろん 雄大な遺跡の中を見て回ること

そしてもう1つは

遺跡内にある『ワイナピチュ』に登って 美しいマチュピチュ遺跡を一望する

しかし、1日400人の限定 午前200人、午後200人

それを目指してみんな朝一(5時半始発のバス)から列をなすとのこと


僕たちも早起きし、4時にバス停に見に行ってみたら

スンゲー人!!!!!!

すでに人だかりができている
P1125441.jpg

5時半のバスもたくさん用意されてて、僕らは5台目ぐらいのバスに乗り込んだ

バスの中で爆睡1時間、気がつけば山を登り遺跡前にいた
P1125447.jpg

ここでもびっくり

入り口からかなりの列!!
P1125458.jpg

バス停にいた人の倍以上は並んでいて、みんな歩いて山を登ったりしたんだろう

400人以上いてるのでは!?

天気は朝からめっちゃ雨 テンションが下がる

1時間ぐらい待ってようやくゲートをくぐれた!!よっしゃ!!

朝7:00 とりあえず、真っ先にワイナピチュまで急ぎ足で向かう
P1125462.jpg

すぐにゲートがあった!行けるはず
P1125474.jpg

龍「すみません2人登ります!いけますか?」

スタッフ「ああ まだ大丈夫だ。ところで、整理券は? 入り口で入場のスタンプはもらって来たか??」


??


あああ!!!!!

しまっっっったーーーー!!!!

完全に忘れてた!!!!!


あわててゲートに戻って見たが、もう手遅れ

スタッフ「もうフルよ。残念ね・・」

無惨にも僕らの希望は撃ち砕かれた


肩を落として2人で遺跡内を見て回ってたが、雨もますます勢いがついてきて視界もめちゃくちゃ悪い

どうせワイナピチュ登っても天気悪いし、見えへんやろ

なんて開き直ってみた


んで1時間ほどフラフラ歩いてみたら、雨も少しこぶりになり

目の前にマチュピチュ山の看板が見えてきた
P1125537_20110214101714.jpg



マチュピチュ山はワイナピチュよりも更に険しく、標高も高い

でも人数の制限はない

・・・

ヨシ!!!せっかく来たのに登らないのはもったいない!!行くぞ!!

二人のアドレナリンは多分2Lぐらいは出ただろう

勢いよく山をのぼって行く
P1135557_20110214102203.jpg


しかーし

思った以上に道は険しく、崖っぷちのような岩の道
P1125543_20110214102802.jpg


途中 何回も休憩しながら登って行く

周りには登って行く人も降りて行く人も誰もいない

険しすぎてあんまり人気がない!?もしくは道を間違えた!?

それでも3時間ほどきばって登っていくと

頂上だ!やったー 登りきったぞ!!
P1135574_20110214102737.jpg



でも
P1135575.jpg

霧が張りすぎててなんにも見えない・・

でもでも

達成感はすごかったーー!!
P1135582.jpg
P1135579_20110214102802.jpg


感無量で山を下って行くと、途中で雨もやんで少し霧が少なくなってきた

すると

見えた!!マチュピチュや!!

雲の隙間からすこしづつ 遺跡が姿を現した
P1135592.jpg

おお!!!

登った甲斐がありました

テンション上がった2人は喜びをこんな感じで表現
P1135611.jpg
P1135612.jpg


こりゃ下に行ったら晴れてるぞ!!

駆け足でまた遺跡まで降りて行き、今度は見張り小屋(小高い丘)から見てみた

すんげぇな
P1135634_20110214101103.jpg

まちゅぴちゅTシャツを来た2人がわいわい遊んでいると

地元ペルーTVのカメラに取材をされ、テンション上がってたくさんしゃべってやりました

遺跡内もかなり雰囲気があってすごくよかったが

やっぱり上から見る景色は最高に良い!!

マチュピチュ
P1135680.jpg

次回こそワイナピチュ登ってやる!!
P1135642.jpg

マチュピチュ1

マチュピチュ1

さあ、みなさま お待たせいたしました

クスコには書きたいことがたくさんあるのですが

このブログのトップ写真にアップした

『マチュピチュ』

そのへんの話に行きましょう^^GO!GO!


朝からすごく雨がけっこう降っていて雰囲気は良くない1日

こんな悪天候の中でも朝からバロイス&ロナウド君はカッパを着て迎えにきてくれていた(本当に優しい★)
P1115161.jpg
P1115162.jpg

マチュピチュには何ルートか行き方があって

1つは

電車を使わずに近くまで乗り合いタクシーを使って行き(水力発電所)、そこから3時間線路に沿って歩き続ける方法

2つ目は

近くのオリャイタイタンボってところまではコレクティーボ(乗り合いタクシー)で そこからインカ道といわれる崖っぷちの山道を2泊3日かけてひたすら歩き続ける過酷なツアー

3つ目は

オリャイタイタンボまで行き、そこからペルーレイルっていう汽車に乗ってきれいな景色を見ながらマチュピチュ村までひとっ飛び!!

さあ、どれを選ぶ!?

即答で3つ目を選択しました

なんてったって高山病で毎日が下痢との格闘!!フラフラ

そしてこの天気・・・


近くの乗り場まで2人に送ってもらい、そこからオリャイタイタンボまで2時間

途中の山道で落石の通行止めに遭うもなんとか到着
P1125187_20110213190709.jpg


すごくのんびりしてていい場所

待ち時間にハットをGET
P1125199.jpg
こんな光景もお目見え
P1125236.jpg

しばらく時間をつぶして カッチョいい青色の汽車に乗り込んだ
P1125298.jpg

そっからまた2時間ほどかかるので半日がかりの移動

なんとか夕方4時には到着しました☆

駅で同じ宿の2人に出会い、ペンション八幡に受け継がれるTシャツをGET★
P1125312.jpg

んでまずは宿を探す

最近宿探しに余裕が出てきたのか、スムーズに見つけれた
P1125319_20110213190343.jpg

そしてマチュピチュに入るチケットを買いに行ったのだが、チケット受付の人に

「ネットカフェでアクセスして予約してきて」

なんてハイテックなお言葉

仕方なく近くのネットカフェでブッキングして用紙を再び持って行く

「よし、じゃあ次は銀行に行ってお金の振込をしてきなさい」

??

ここは何の受付やねん!!

とか思いつつもそれに従って払い込みに行く

銀行の人には「この領収書持ってもう一度受け付けに行きなさい」

と言われ また受付に戻ると

「もう来なくていいよ、それで終わりだ。じゃあな」

追い払うような言い方であしらう

。。。

疲れたわ・・・

村に戻って村観光に行ってみた

なんとこの村、温泉もあったりして日本の温泉街みたいになってる
P1125402.jpg
P1125405.jpg


面白いな★

ご飯もおいしくて

トゥルッチャやピスコサワーをぺろっといってやりました
P1125409.jpg
P1125418.jpg

村の中も素敵だし、明日のマチュピチュも楽しみだ!!
P1125428.jpg

あさ4時起き

がんばるぞーー!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。